しけ絹ストール《麻炭染め》
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

しけ絹ストール《麻炭染め》

残り2点

¥33,000

¥28,050 税込

15%OFF

送料についてはこちら

絹は人肌と同じタンパク質を主成分とし、保湿性・調湿性に優れ、自然由来の心地よさがあります。 「健やかであり続けたいと願う人へ」。 城端絹・しけ絹を活用した天然絹のライフケアブランド「JOHANAS」は、絹の可能性を追求しています。 ______________________ 「しけ絹」を、麻炭を使って染めあげたストール 奇跡の糸と呼ばれる玉糸の風合いと、天然の鮮やかな色合い。透けるように薄く、羽のように軽いストールにもかかわらず、驚くほど保温性にすぐれ、しけ絹のやさしい光沢があなたを包みます。 宮古島のcosmic hempさんの麻炭で染色しています。 素材:絹 : 100 % Size:98 × 200 ㎝ ご使用方法: 首に巻くことで温かいのはもちろん、しけ絹のやさしい光沢により、肌が明るく見えます。大判なので肩がけショールとしてもお使いいただけます。 お手入方法: ・ドライクリーニングがオススメです。 ・水洗いされる場合、絹のやさしい繊維の特質上、使用していくうちに自然の毛羽立ちや毛玉が出ることがございます。 注意事項: お使いのPCモニターやスマートフォンの画面によって実際の色味と異なる場合がございます。 _________________ 細胞レベルのよろこびを。 奇跡の繭と呼ばれる玉繭から紡ぎ出される「しけ絹」。 JOHANAS(ヨハナス)は、しけ絹を織りつづけて明治10年創業の松井機業が立ち上げた小さなブランドです。古より日本人の暮らしとともにあった絹と現代に生きる人々の、日常を結び、心と体、細胞のすみずみまでが悦ぶ、 絹との新しい暮らし方を提案しています。 ブランドが生まれた「城端」の地に敬意をこめて、JOHANA+複数形のS、JOHANAS(ヨハナス)と名づけました。この地が育てた類まれな絹とともに、ローカルから世界へ発信したいという思いをこめています。 JOHANASが生まれたのは、城端に根付く絹・土徳の文化。 JOHANASを運営する松井機業が営むのは、富山県の南西部に位置する南砺市・城端。わたしたちは、柳宗悦が「土徳が宿っている」と評した城端で、JOHANASの考える「真の美しさ」に取り組んでいます。そのひとつが、蚕のエサとなる桑の葉です。敷地内に自生する桑を独自に育ててい ます。土壌を一から見直し、2019年には桑畑の土づくりから始めました。 科学的な取り組みが進む中、わたしたちは「真の美しさ」である、ありのままの有り難さと、自然が持つ本来の力を大切にしています。 JOHANASを生み出すのは 手仕事の技と、奇跡の繭。 明治10年創業の松井機業は、国内で唯一しけ絹と和紙を貼り合わせた「しけ絹紙」を一貫生産しています。JOHANASは、絹の機能性と高度な技術、そして、人と自然に寄り添うものづくりの心から生まれました。 絹の原料となる繭は、蚕がさなぎから成虫になるまでの期間を過ごすシェルターのような役割を果たすため、紫外線や乾燥などのダメージから身を守る機能が備わっています。また、絹は人肌と同じタンパク質を主成分とし、保湿性・調湿性にすぐれ、自然由来の心地よさがあります。繭が蚕の命を守るように、絹は赤ちゃんや肌の敏感な方も、やさしく包み込みます。